間宮祥太朗おすすめ映画ランキング!初出演の実写化作品は?

俳優
この記事は約7分で読めます。

演技派でどんな役も演じ分ける間宮祥太郎さんは、実写化作品に数多く出演しています。

美少年、熱血、個性的なキャラなど、様々な表情をした間宮さんが多い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は『間宮祥太朗おすすめ映画ランキング!初出演の実写化作品は?』と題して間宮さんが出演している作品の中から、おすすめの7作品を厳選して紹介します!

スポンサーリンク


間宮祥太郎が出演する映画のおすすめ作品7選!

それでは、間宮さんが出演する作品の中でも厳選して7作品を紹介していきますね!

7位 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016)

引用元:映画.com

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」は、違法な高金利で金銭を貸す闇金融業者「闇金ウシジマくん」シリーズの最終章です。

 

山田孝之さん演じるウシジマの因縁のライバル、鰐戸さん兄弟の三男・三蔵を演じているのが間宮さんです。

スキンヘッドにマスクというビジュアルに衝撃を受けたのではないでしょうか。

三蔵が商店街を歩いているシーンは、近寄りがたい雰囲気を醸し出しており、”悪”のエネルギーを感じる演技に鳥肌が立ちます。

普段の間宮さんが想像もできないほどの凶悪ぶりをぜひ見てみてください!

6位 飛んで埼玉 (2019)

 

引用元:映画.com

飛んで埼玉」は、東京都民からひどい差別を受ける埼玉県民に主軸を置いた作品です。

東京へ入るのにも通行手形が必要で、手形がなければ即送還されるという屈辱の日々を送っています。

 

その中で、通行手形を持たずに東京都に不正に入り込んだ埼玉県人の青年役を、間宮さんが演じています。

冒頭のほんの一場面にしか出演していない間宮さんですが、埼玉県人がどのような扱いを受けているのかがわかる重要なシーンに登場しています。

キラキラした目でセクシーな女性を見ている間宮さんの演技から、この青年が東京に憧れを持っていることを感じられます。

情けない表情の間宮さんが見られるレアな作品ですので、少ない出演時間でも、見る価値はありますね!

 

5位 殺さない彼と死なない彼女 (2019)

引用元:映画.com

 

殺さない彼と死なない彼女」は、青春ドラマ作品です。

何にも興味が持てずに退屈な高校生活を送る男子高校生・小坂れいを間宮さんが演じています。

小坂れいはちょっとしたきっかけから死にたがりの少女・鹿野ななに興味を持ち、次第に一緒に時間を共に過ごすようになる物語です。

 

傑作だとの呼び声が高い映画です。

少しずつ変化していく二人の関係性が丁寧に描かれています。

何にも興味が持てない男子高校生を演じる間宮さんの、けだるげな演技に注目してみていただきたい作品です!

そして、予想外のラストには、涙が止まらなくなるはずです。

5位 ホットギミックガールミーツボーイ (2019)

引用元:映画.com

ホットギミックガールミーツボーイ」は、自分に自信を持てず周囲に流されやすい女子高生・初が、タイプの違う3人の男性との間で揺れ動く恋心を描くガールズ青春ストーリーです。

 

堀未央奈さん演じる主人公・成田初の兄役を演じたのが間宮さんです。

兄妹なのに妹を愛してしまうという切ない役どころです。

元気なイメージのある間宮さんですが、この作品では超根暗な役を演じています。

ささやくような声と人を見るときの流し目から、自己主張を押し殺していることを感じられます。

初への想いを隠そうと葛藤する間宮さんの切ない表情には、胸が苦しくなりますよ!

3位 東京リベンジャーズ (2021)

引用元:映画.com

東京リベンジャーズ」は人気漫画の実写作品です。

冴えない毎日を送るフリーター・タケミチは、ニュースでかつての恋人が殺されたことを知ります。

その翌日、駅のホームから転落し、10年前にタイムリープしてしまいます。

高校生活をやり直すため、様々なミッションに挑んでいく物語です。

 

間宮さんは、重要キャラクターの稀咲鉄太(キサキ)役を演じています。

間宮さんは、キサキのような極悪キャラは自分に向いてはいると話しています。

目の前のことに素直に向き合う登場人物の中で、キサキの何を考えているのかわからないキャラクターは違和感や不快感があります。

セリフや出演シーンの少なさから、空気感や印象でみせるキサキの不穏さに注目の作品です!

2位 帝一の國 (2017)

引用元:映画.com

帝一の國」は、「生徒会長を務めた者は内閣入り確約」という日本一の名門・海帝高校に入学した菅田将暉さん演じる赤場帝一が主人公。

生徒会長の座を狙い、ライバルたちと命がけの戦いを繰り広げる物語です。

 

ライバルの一人で帝一より一学年上の、氷室ローランドを演じたのが間宮さんです。

アメリカの自動車会社の日本支社長の父を持つハーフのという役柄を演じています。

クセの強いライバルたちの中でも、金髪姿の現実離れしたキャラクターがひと際印象に残ります。

争いが加速するにつれて、我を失い、荒れていく姿は、間宮さんだからこそ演じられたのではないでしょうか。

1位 トリガール(2017)

引用元:映画.com

トリガール」は、土屋太鳳さん演じる鳥山ゆきなが⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉に入部し、“⿃⼈間コンテスト”を⽬指すスポ根青春ストーリーです。

一目ぼれした高杉真宙さん演じる圭先輩と大空にはばたくはずが、メンタル最弱でヤンキーかぶれの間宮さん演じる坂場先輩とコンビを組むことになってしまいます。

 

坂場大志と鳥山ゆきなの激しいののしり合いが印象に残る作品で、ラストの最大の盛り上がり所も併せて楽しめます!

実はアドリブ合戦だったようで、そのリアル感が、信頼関係を築いていく感動に繋がっているのかもしれませんね!

 

また、間宮さんの、乱れた髪をかき上げながらエアロバイクを必死にこぐ姿からも目が離せなくなります!

ヤンキーとメンタルの弱さのギャップを見せられるのは、間宮さんだからこそです。

間宮祥太郎の初出演の実写化作品は?

実写化映画やドラマに引っ張りだこな間宮祥太郎さん。

そんな間宮さんの初出演の実写映画は「ライチ☆光クラブ」です!

引用元:映画.com

 

ライチ☆光クラブ」は、2016年に公開された、古屋兎丸さんの漫画を実写化した映画です。

間宮さんのほか、野村周平さんや古川雄輝さん、中条あやみさんなど、現在大活躍している俳優さんが数多く出演しています。

黒い煙と油にまみれた蛍光町で暮らす14歳の9人の少年たちの裏繰りと愛憎、絶望と理想が描かれています。

間宮さんは、その中で、美少年ジャイボ役を演じています。

ジャイボの美しさを体現するのは難しかったと話す間宮さんですが、共演している古川さんは色気があると大絶賛でした。

古川さん演じるジャイボへの想いが溢れかえってしまう間宮さんの演技は、とても切なくなります。

髪をブルー系にし、カラーコンタクトを入れるなど、できる限りジャイボの美しさを体現しようとしている努力を感じます。

間宮さんの、悩んだ末にたどり着いた、ジャイボの美しさにも注目してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

【間宮祥太朗おすすめ映画ランキング!初出演の実写化作品は?】と題して紹介してきました。

その作品はこちらの7作品です。

7位 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016)

6位 飛んで埼玉(2019)

5位 殺さない彼と死なない彼女(2019)

4位 ホットギミックガールミーツボーイ(2019)

3位 東京リベンジャーズ(2021)

2位 帝一の國(2017)

1位 トリガール(2017)

間宮さんが演じる役のバリエーションに驚きますよね!

特におすすめの作品は、「ホットギミックガールミーツボーイ」です。

普段の間宮さんからは想像できない暗く苦しそうな姿に、演技力の高さを感じられます。

ランキングは作品の出来も考慮したものですが、「ホットギミックガールミーツボーイ」は他の作品とは異なる間宮さんの演技を楽しめる作品です。

実写作品に数多く出演している間宮さんの原点ともいえる、初出演の実写化作品の「ライチ☆光クラブ」もぜひ見ていただきたい作品です。

観たことがない作品があったら、ぜひ見てみてください!

タイトルとURLをコピーしました