【2021年最新版・黒歴史?】草彅剛主演映画の低評価ランキング!

男優
この記事は約9分で読めます。

国民的アイドルグループSMAPを解散した後は俳優としての活動が目立つ「草彅剛」さん。

最近では主演を務めた「ミッドナイトスワン」の演技が評価され、第44回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞したばかりです。

有名作家や演出家からも評価が高い草彅剛さんの演技を存分に味わいたいところですが、出演作品自体良くないとその良さが薄まってしまいますよね。

そんな失敗をしたくない人のために「【2021年最新版・黒歴史?】草彅剛主演映画の低評価ランキング!」と題し、作品評価が低い順にランキングにまとめてみました!

なお今回のランキング順位は、有名レビューサイトの評価を参考に平均値を算出して決定しています。

スポンサーリンク


草彅剛主演の映画低評価ランキング 第10位~4位

いくらキャストが良くても作品の出来がまるでダメなら俳優さんたちの努力が報われません…

では早速草彅剛さん主演の映画低評価ランキングを始めます、どれだけ興行収入や知名度が高くても忖度はなしです!

第10位 台風家族 (2019年)


(C)2019「台風家族」フィルムパートナーズ
引用:映画.com

普段は優男な雰囲気の草彅剛さんがどうしようもない下衆野郎を演じる「台風家族」。

本作品は草彅剛さんを筆頭に出演する俳優陣は軒並み評価が高く、特に鈴木一鉄役の「藤竜也」さんに称賛の声が多くありました。

では、何故それに比例しない評価結果になったのかというと、根本的に脚本が面白くないと感じている人が多かったためです。

特に最後の展開が賛否両論であり、私も最後の展開にはもやもやが残ってしまいました…

ただ、あの終わり方のおかげで草彅剛さん演じる鈴木小鉄のクズさをマイルドにしてくれるという意見も見られたので、結局は人に寄るのでしょう。

第9位 ホテル ビーナス (2004年)


(C)2004 アスミック・エース、フジテレビジョン、ビクターエンタテインメント、松竹
引用:映画.com

草彅剛さんが「チョナン・カン」名義で活動していた時期に公開された映画「ホテル ビーナス」。

れっきとしたなの邦画ですが全編韓国語で構成されている他、ロケ地のほとんどがロシアのウラジオストクであったりと、全体的に無国籍感漂う作品となっています。

本作は極端に評価が低いわけではなくほとんどの人が3点当たりを付けているためこの位置になりました。

登場人物全員が何かしら傷を持っており何事も無く日々を過ごしているところに、小さな女の子を連れてきた男性をきっかけに物語が変化していきます。

第8位 任侠ヘルパー (2012年)


(C)2012フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 WOWOW FNS27社
引用:ぴあ映画生活

暴力団員の主人公が次期幹部の座をかけて介護ヘルパーとして勤務するという、一見非現実的でコミカルな作品と思える「任侠ヘルパー」。

しかし、介護問題や高齢者虐待など現代社会が抱える問題を取り入れたりとかなり現実味を感じられるシナリオとなっているのです。

草彅剛さん演じる「翼彦一」は悪人をスカッと成敗してくれるのが魅力であり、このドラマの良さの1つとなっています。

しかし本作は、ドラマでの翼彦一の性格を知っているほど、ある場面での行動に違和感を感じてしまいます。

作品の世界観や人物は魅力的であるため、この映画単体で見た場合だと面白いかもしれませんが、ドラマみたいにスッキリしたいという人はモヤモヤしてしまうかもしれません。

第7位 僕と妻の1778の物語 (2011年)


(C)2011 関西テレビ放送 フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 S・D・P FNS26社
引用:ぴあ映画生活

一躍草彅剛さんが俳優として知名度を上げるきっかけとなった「僕シリーズ」の初映画作品です。

本作は「竹内結子」さん演じる妻が余命1年のがんであることが発覚してしまうところから始まります。

草彅剛さん演じる主人公はSF小説家であることを生かし、妻のために1日1話笑える小説を綴る、という話のあらすじだけでも泣けそうな内容となっています。

しかし、この内容なら映画でやらなくても良かったのではという意見がちらほら見られました…

ドラマ発の映画はどうしても比較されてしまいますし、そこに感動要素が入ってしまうと、さらに厳しい目で見られてしまいます。

こういう系統の映画はレビューを見ずに、まずは自分の目で確かめてから判断した方が良いのかもしれませんね。

第6位 メッセンジャー (1999年)


(C)1999 フジテレビ 小学館 ポニーキャニオン
引用:映画.com

自転車で書類や荷物を配送する仕事、メッセンジャーに焦点を向けた内容です。

使用楽曲のアーティストが「久保田利伸」さんだったり、「飯島直子」さん演じる清水尚実の漂うバブリー感からかなり時代を感じる作品です。

全体的に展開が読みやすく、この先はおそらくこうなるだろうと予想していたことが、その通り起こるほど分かりやすいストーリーとなっています。

そこが人によってはつまらないと感じるかもしれません。

他には、フィクションではありますがかなり危険な運転をしている点が気になってしまう、という人もいるようです。

そのため、細かいことは気にしない考えを持っている人は、気楽に見れる90年代のラブコメ作品となっているためおすすめです!

第5位 山のあなた 徳市の恋 (2008年)


(C)2008 フジテレビジョン・J-dream・東北新社・東宝
引用:映画.com

これはオリジナル作品かな…と思いきや、本監督「清水宏」さんが1938年に公開した「按摩と女」をカバーしたものなのです。

時代の空気感はかなり洗礼されていて見るものを癒しの世界に誘いますが、その分ストーリーが平凡に感じてしまう作りなのが少しもったいないです。

このことから、内容というより全体の雰囲気を大切にしている作品のように感じました。

また、オリジナルで勝負しろよ!と思う人もいるかもしれませんが、過去の名作を当時最新の技術で撮影するのは良いことではないでしょうか。

第4位 黄泉がえり 2003年


(C)2003 映画「黄泉がえり」制作委員会
引用:MOVIE WALKER

10~20代は知らない人の方が多いかもしれませんが、草彅剛主演映画の中では知名度が高い方に入る作品となっています。

本作品は、SF作家「梶尾真治」さんが執筆した小説「黄泉がえり」を元に制作された実写映画です。

登場人物のほとんどにストーリーを持たせるというオムニバス形式なのは面白いと感じましたが、人によっては集中できずに終了してしまうかもしれません。

また、「竹内結子」さん演じる橘葵のラストの展開が、主人公の反応含めあっけなさすぎるのは少しどうなんだろうと個人的に感じています。

余談ですが、重要人物の中に極楽とんぼの「山本圭壱」さんがいるのも不満の一つとしてあげている人もいました。

これは山本圭壱さんが過去に起こした重大事件が大きな要因だと推測できますが、映画内容には関係ないためそこまで気にしなくても良いかもしれません。

草彅剛主演の映画低評価ランキング 第3位~1位

先程まではそこまで低評価ではないものもありましたが、ここからはレビューでも星2点台が目立つ作品しかありません。

1位の作品は草彅剛さんと言えばこの映画、と思い浮かぶ人もいるかもしれません。

第3位 シュート! (1994年)


(C)1994 松竹株式会社 ジャニーズ事務所
引用:ミドルエッジ

元は週刊少年マガジンで連載されていた大島司さんの漫画で、SMAP全員をメインキャストに置いて実写映画化された作品となっています。

その中に元メンバー「森且行」さんも出演しており、初期の6人が揃ったSMAPを見ることができる貴重な映像作品でもあります。

SMAPのデビューからそれ程たってない状態であるためか、メンバー全員演技力が高くありません。

原作はサッカーが舞台で全員レベルが高い設定であるはずなのに、キャストによってレベルがバラバラという監督側の雑さ加減を感じます(笑)

また、V6結成前の「井ノ原快彦」さんなども出演しており、SMAPファンに限らずジャニーズファンの資料としては良い作品となっているのではないでしょうか。

第2位 中学生円山 (2013年)


(C)2013「中学生円山」製作委員会
引用:ぴあ映画生活

この作品の監督は「あまちゃん」の脚本を務めた「宮藤官九郎」さんです。

評価を低く設定している人は、軒並み内容について行けなかったからという意見がほとんどでした。

この映画を簡単にまとめると「思春期真っ只中お盛んな中学生の妄想パラレルワールド」となっています。

そのため中身は全くない上に下ネタてんこ盛りのため、かなり人選ぶ作品となっています。

ただ、内容が内容だからか各俳優たちの怪演が光るため、普段はクールな役が多い俳優なのにこんな演技を…と、普段のギャップが楽しめる作品かもしれません。

一番頑張ったのは紛れもなく円山克也役の「平岡拓真」さんでしょう(笑)

第1位 日本沈没 (2006年)


(C)2006 映画「日本沈没」製作委員会
引用:映画.com

残念ながら低評価1位という結果が出てしまった作品は「日本沈没」です。

知名度は紹介した中でも高いですが、内容の評価はそれとは比例していないようで…

軒並みレビューで多かった不満点は恋愛要素が前面に出ているという点でした。

刻一刻と沈没へのカウントダウンが始まっているにも関わらず、のん気にヒロインと恋を芽生えさせている主人公を見ると、本当に危機感持ってるのと思わざるをえません。

また、当時最新であるクオリティの高いVFXで隠れていますが、それを凌ぐほどに各演出がひどいものとなっているため、作品を真面目に見れば見るほどがっかり度が増していきます。

ちなみに本作品の監督を務めた樋口真嗣さんは、2015年に公開された悪い意味で有名な「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の監督を務めています。

評価はというと…、人によっては監督の名前を見た時点で嫌な予感がした人が一定多数いるのかもしれません(笑)

まとめ

以上で「【2021年最新版・黒歴史?】草彅剛主演映画の低評価ランキング!」は終了です!

ランキング内容を簡単にまとめると…

・このランキングの中では「台風家族」が一番安全!
・細かいことを気にしないのなら「メッセンジャー」がオススメ!
・「日本沈没」のように世間によく知られている作品が必ずしも面白いとは限らない

邦画は洋画と比べ良い作品が生まれにくいとはよく聞きますが、日本沈没は邦画のやってはいけないことをほとんど入れてしまった作品かもしれません…

映画館に足を運んでみる場合、決して安くない映画観賞券と時間を買うわけなので誰でも失敗はしたくありません。

ただ、逆にそんなに評価が低いなら見てみようという心理が働いてしまいますよね。

時間を無駄にすることはなんてことないと思っている猛者は是非このランキングを参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました