泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所どこ?あの海岸へのアクセス方法!

泣く子はいねぇが
この記事は約9分で読めます。

第68回 サン・セバスティアン国際映画祭のコンペティション部門で最優秀撮影賞を得るという快挙を成し遂げた映画「泣く子はいねぇが

実は秋田を舞台として、秋田名物である、なまはげを大々的に取り上げた今までにない、斬新かつ、ハートフルな映画なんです!

また、こちらの映画は秋田の街おこしをしたいという想いから、秋田の名所や街並みを魅力的に撮影されています。

この泣く子はいねぇがを見れば、秋田に行きたくなって映画の聖地巡礼したくなること間違い無しです!

そこで今回は、『泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所どこ?あの海岸へのアクセス方法!』と題しまして、ロケ地の撮影場所や”あの”海岸へのアクセス方法について解説していきます!

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク


泣く子はいねぇがのロケ地と撮影場所はどこ?

まずは、秋田が舞台ということなので、泣く子はいねぇがの予告動画で印象的なシーンをチェックしましょう!

映画『泣く子はいねぇが』本予告 | 11/20(金)公開

 

それでは、秋田の街並みを盛り込んだ、泣く子はいねぇがのロケ地と撮影場所について解説していきます!

有力情報多数!撮影場所の8割は秋田の男鹿市!!

泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所の8割は、監督、佐藤快磨さんの生まれ育った秋田県男鹿市をメインとしているようです。

また、今回、泣く子はいねぇがロケ地や撮影場所を調べるにあたって、地元の方の有力な目撃情報を多数得ることができました!

では、泣く子はいねぇがは秋田県男鹿市のどこをロケ地、撮影場所としたのか、1つずつ見ていきましょう!

男鹿水族館

まずは、本予告動画(23秒あたり)に登場する水族館は「男鹿水族館」
男鹿市の観光地としても有名な男鹿水族館が泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所として使用されたようです。

こちらの方は、男鹿水族館に行ったことがあり、予告編を見てピンと来たのでしょう!

また、こちらの男鹿水族館は『釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?』のロケ地にもなったことがあるようです!

ホッキョククマがいることでも有名なので、観光としても立ち寄っていただく価値有りですよ!

<男鹿水族館 所在地>秋田県男鹿市戸賀塩浜字壺ケ沢

男鹿水族館HP

ルートイン秋田土崎

本編予告編(19秒あたり)に登場する、秋田港近くの、ルートイン秋田土崎も撮影場所になったようです。

 

引用元:Google Map

ホテルルートイン秋田土崎の外観が完全に一致するのと、横にあるマンションも本編の予告と一致しているので、こちらで間違いありませんね!

聖地巡礼の際は、ぜひこちらに宿泊ください!

<ルートイン秋田土崎 所在地>秋田県秋田市土崎港西2-12-30

ルートイン秋田土崎HP

 

秋田県立大学 秋田キャンパス

また、秋田県立大学、秋田キャンパスもロケ地となったようです。

大学から直々にTwitter上で泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所として使用されたとの書き込みがありました。

ただしこの秋田県立大学秋田キャンパスは男鹿市でなく秋田市に位置しているようです。

平日は学生さんが授業されていると思うので、なるべく週末や祝日に訪れるようにしましょう!

<秋田県立大学 秋田キャンパス所在地>秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438

秋田県立大学HP

秋田県八郎潟の河口(江川漁港付近)

次に、江川漁港近くにある秋田県八郎潟の河口。

地元の方が偶然にも泣く子はいねぇがの撮影場面に出くわしたようです!

写真が遠くて少しわかりにくいですが、時期が撮影が行われた、3月という点で一致するのと、この車の数からして、映画の撮影以外は考えられませんね!

こちらでは、新鮮な魚介類を使った料理を味わえるお店がいくつかあるようなので、ぜひとれとれの美味しい魚を堪能してください!

<江川漁港(天王地区) 所在地>:秋田県潟上市天王江川154

 

秋田港セリオンタワー

また、秋田港セリオンタワーも、地元の方から、泣く子はいねぇがのロケ地、撮影場所として使われていたとの目撃情報が!

こちらは恋人の聖地としても有名で、男鹿石という地元の石を使って縁結びできるスポットがあるようです。

恋人と泣く子はいねぇがの聖地巡礼に来られた際には、こちらで縁結びをして、二人の絆を深めてくださいね!

<秋田港セリオンタワー 所在地>秋田県秋田市土崎港西1丁目9番1号

道の駅 秋田港SELION HP

泣く子はいねぇがのあの海岸へのアクセス方法!

主人公、後藤たすく(仲野太賀)とその親友、志波亮介(筧一郎)が作中では何度か”ある”海岸を訪れます。映画に何度も出てくる場所なので、聖地巡礼には必須の場所ですね!

ですが、こちらがどこなのかは明確には述べられていません。

しかし、地元の方の情報やGoogle Mapを駆使して、かなり確信に近い答えに辿りつきました!

それでは、解説していきます!

”あの”海岸はゴジラ岩!

本編の予告編(32秒あたり)では、岩に囲まれた海岸付近で主人公がへんてこなダンスを踊っています。

この海岸はどこなのかと調べていると地元の方の有力そうな情報に辿り着きました。(先ほどのルートイン秋田土崎で使ったTwitterを再引用します)

 

この中で、「海岸」の可能性があるのはゴジラ岩のみ・・・。

そこでGoogle Mapで調べてみると・・・

見つかりました!!

引用元:Google Map

ピンポイントの場所ではありませんが、岩質や周囲の様子から、こちらである可能性が高いでしょう!

こちらは「ゴジラ岩」と呼ばれている男鹿市の観光名所の近くにある、塩瀬崎灯台から撮影されたものです。

名前に「ゴジラ」とついているのでインパクトがありますね・・一体どういった場所なのでしょうか・・・アクセス方法なども気になりますね!

以下で解説していきます!

火を吹くゴジラの周りで撮影!?ゴジラ岩へのアクセス方法!

ここから、泣く子はいねぇがのロケ地、撮影場所として使われたゴジラ岩へのアクセス方法についてお伝えします。

 

【アクセス方法】

公共交通:JR男鹿駅→秋田中央交通バス門前行きで30分、バス停:帆掛島下車、徒歩5分
車:秋田道昭和男鹿半島ICから県道59号経由45分

引用元:るるぶ&more.

実は、北海道や、石川、静岡にも同様の名前のゴジラ岩という観光名所があるようです。
ですので、泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所として使用されたゴジラ岩の周辺情報などを調べる際には、”秋田県男鹿市”のゴジラ岩かどうかを確認してください!

 

また、ゴジラ岩に訪れるのは夕方がオススメです!


夕日と口が重なってまるで火を吹いているように見えるのはとても面白いですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所どこ?あの海岸へのアクセス方法!』と題しまして、ロケ地の撮影場所や”あの”海岸へのアクセス方法について解説してきました。

まとめとしては

  • 泣く子はいねぇがのロケ地、撮影場所の8割は秋田県男鹿市
  • 泣く子はいねぇがのあの海岸はゴジラ岩の可能性大!
  • アクセスの際には”秋田県男鹿”のゴジラ岩かどうか注意!

ぜひ、この記事を使って、泣く子はいねぇがのロケ地や撮影場所の聖地巡礼に役立ててくださいね!

コメント

  1. […] 泣く子はいねぇがのロケ地撮影場所どこ?あの海岸へのアクセス方法! […]

タイトルとURLをコピーしました