天外者あらすじネタバレ!小説原本ある?評判評価や感想反応は?

天外者
この記事は約6分で読めます。

三浦春馬さん主演の天外者の公開が2020年12月11日に決まりました!

残念ながら最後の主演映画となってしまいましたが、コロナの影響でずっと公開が延期されていただけに、ファンには嬉しい知らせですね!!

完成披露試写会が行われ、三浦翔平さんもこの作品にかける意気込みをお答えしていたり、他の出演者のテレビO.A.があったりと盛り上がってきています!

 

そこで今回は「天外者あらすじネタバレ!小説原作ある?評判評価や感想反応は?」というタイトルで調べてみたいと思います!

スポンサーリンク


天外者あらすじネタバレ!

天外者はどんなストーリーの映画なのでしょうか?

まずはあらすじから見ていきましょう!

天外者は、幕末の日本を動かした五代友厚を描いた歴史青春群像劇!!

公開されている予告の動画がこちらです↓


引用元:映画『天外者』公式サイト

 

細部までリアルにこだわった世界観と、真面目なテーマながら観客を飽きさせない勢いとエネルギーを感じますね!

 

また、公式サイトに載っていたあらすじがこちらです。

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける ——
五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国かー。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった ——

引用元:映画『天外者』公式サイト

 

薩摩藩士の五代友厚を中心に、坂本龍馬との友情を始め様々な出会いを絡めながら、激動の幕末日本を生き抜くさまが描かれているようです。

 

五代友厚を演じる三浦春馬さんだけでなく、坂本龍馬役に三浦翔平岩崎弥太郎役に西川貴教など俳優陣も個性的な実力派メンバーが集まっていますね!

 

ちなみに題名の天外者の読み方は「てんがらもん」、鹿児島の方言で「すごい才能の持ち主」という意味だそうです。

ネタバレ!!大事な人を亡くしたり病気になったりする展開がありそう!?

ここからはネタバレの可能性があるので、「映画館で見るまで知りたくない!!」という方はご注意くださいね!

 

試写会を見た方の感想で、三浦春馬さんの演技について書かれた中にこんな箇所がありました。

若い頃の自信に溢れた表情。どうしようもできないことに打ちひしがれる表情。心許した人を失った悲しみの表情。病を患いながら罵倒される時、言葉を発するまでの魂こもった表情

引用元:フィルマークス映画情報

 

どうやら劇中で、五代友厚が大切な人を亡くしたり、自身も病にかかったりする展開がありそうです!!

それが親友の坂本龍馬なのか、はたまた蓮佛美沙子扮する妻豊子なのか、森川葵の演じる遊女はるなのか…これは映画館で見るまでのお楽しみですね!

天外者の小説原作ある?

ところで、天外者には原作になる小説があるのでしょうか?

小説原作はなし!史実に基づく完全オリジナル脚本!!

調べたところ、天外者に小説原作はなく完全なオリジナル脚本でした。

 

今回脚本を書いたのは小松江里子さんです。

小松さんはこれまでにもNHKの連続テレビ小説大河ドラマを始め様々な作品の脚本を手掛けています。

また、2016年には海難1890で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞するなど数々の経歴も持っています!

ストーリーも期待できそうですね!!

元になったのは実在の薩摩藩士五代友厚!

ストーリーはオリジナルですが、実在した人物の五代友厚の人生を史実に基づき描いています。

 

この五代友厚は、江戸時代末期から明治時代中期にかけて活躍した薩摩藩士であり実業家です。

元々は武家の息子として生まれましたが、ペリーの来航をきっかけに開国論者として世界に目を向けた活動を始めます。

30歳の頃薩摩藩の使節団としてヨーロッパを巡ったのちは、外交に携わるようになり、長崎でグラバーと仕事したこともあったようです!

現在の大阪取引所大阪商工会議所を設立するなど、大阪の経済発展とは切っても切り離せない重要人物でもあります。

 

坂本龍馬岩崎弥太郎ほどの知名度はないながらも、当時の日本を引っ張った「てんがらもの」なのは間違いありません!

作中では、どんな人物像として描かれるのかが楽しみです!!

評判評価や感想反応は?

気になる評判はどうでしょうか?

12月11日の公開に先駆けて、試写会に行った人の評判や感想を見ていきたいと思います。

高評価の口コミ続々!!

試写会に行った人の評判は、「よかった!!」という声が圧倒的でした!!

いくつかご紹介しますね。

これはまさに語り継がれる映画になると思いました。
こんなにも役者一人ひとりがスクリーンの中で際立ち 美しい時代劇を私は知らないです。
監督が仰っていた通り「新鮮な時代劇」だと感じました。

引用元:フィルマークス映画情報

先日、大阪での完成披露試写会に行かせて頂きました!数日経った今もなお余韻が続いている程、とても感銘を受けた素晴らしい名作でした!

引用元:フィルマークス映画情報

 

ストーリー、役者陣を含め全体を高く評価している人が多く、映画作品としての仕上がりの高さを感じますね。

 

他にもたくさん感想が載っていましたが、ほとんどの方が星4~5というい高評価でした!

試写会に行くので元々ファンは多いでしょうが、それでも作品自体のクオリティがいいからこそのこの高得点なのだと思います!!

 

これから見るという人のツイートにも、「楽しみ!」という声がいくつもありました!


みなさん指折り公開日を数えたり、チケットを予約したりと、公開を楽しみにしているようです!

まとめ

ここまで「天外者あらすじネタバレ!小説原作ある?評判評価や感想反応は?」というタイトルで書いてきましたが、いかがでしたか?

  • 天外者は、幕末の日本を動かした五代友厚を描いた歴史青春群像劇!!
  • ネタバレ!!大事な人を亡くした病気になったりする展開がありそう!?
  • 小説原作はなし!史実に基づく完全オリジナル脚本!!
  • 元になったのは実在の薩摩藩士五代友厚
  • 高評価の口コミ続々!!

テレビCMの放映も始まり、天外者を目にする機会も増えるかと思います。

これだけ前評判から好調な映画だと、行きたい日のチケットが売り切れてしまう可能性もあるので、早めの予約がおすすめです!!

公開日を楽しみに待ちたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました