13月の女の子(映画)の青砥景の配役に田野優花で見所は?

13月の女の子
この記事は約5分で読めます。

2017年に舞台として上演され注目の若手女優がきらめいた「13月の女の子」が映画として8月15日から公開されます。

ストーリーは、

廃校寸前の女子校を舞台に、ある日突然、親友をなくした主人公・穴森一恵。

同時に現れた謎の転校生によって20年前の学校で別人として生かされて…

といった現実なんだけどSFやミステリーの要素が含まれた群像劇です。

 

学園ものということでフレッシュな女優たちが出演するわけですが、青砥景に田野優花(たのゆうか)さんがキャスティングされたと発表されました。

青砥景を演じる田野優花さんは、なんと!あの秋元康さんのかかえるグループにいたとか。

 

今回は「13月の女の子(映画)の青砥景の配役に田野優花で見所は?」と題して田野優花さんにせまってみます。

スポンサーリンク


13月の女の子(映画)の青砥景役の田野優花とは!

今回、青砥景役に抜擢された田野優花さんとはどういう人物なのか、簡単にプロフィールをご紹介します。

 生年月日:1997年 3月 7日(満23歳) 東京都

  • 2011年、AKB48第12期生研究生オーディションに合格する。
  • 2012年、5~6月の間に開催された「AKB48 27thシングル 選抜総選挙」で45位となり、ネクストガールに選ばれる
  • 2013年、9月18日に開催された、「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」で7位となり、自身初の選抜メンバーに選ばれる。
主なTV出演
・2012年 日テレ「マジすか学園2」ー囚人 役
・2013年 日テレ「So long」ー井上真子 役
・2015年 日テレ「マジすか学園5」ーアモン役

主な舞台出演
・2014年 トロイメライにさよなら ー主演・小川ゆかり 役
・2015年 ウィズ〜オズの魔法使い ー主役・ドロシー 役
・2015年 マジすか学園〜京都・血嵐修学旅行〜 ーガッツ 役 など

                               (参照:wikipedia)

元はアイドルだったんですね。元AKBだったとは驚きました。

2014年の総選挙では35位と、結構上の方にいたんですね。

ファンからは主に「田野ちゃん」と呼ばれているそうです。

女優業としては2017年に映画「リンキング・ラブ」にて初出演・初主演を果たします。 そして2018年3月15日にAKB48卒業を発表します。

その後、芸能事務所セントラルに移籍し、今に至ります。

アイドル時代の田野優花は?

アイドル時代の田野優花さんがよく分かる動画があったで、ご紹介します。

アイドル時代の田野優花(Youtubeが開きます)

めっちゃ歌上手いですね!!

この動画から見ても、田野ちゃんの明るさがよくわかります。

13月の女の子(映画)の青砥景(田野優花)の見所は演技力?

今回この映画で青砥景を演じる田野優花さんの見どころはズバリ高い演技力です。

作中での青砥景は、どちらかというと、クールな高校生という役柄なので、明るい性格で年齢も離れた田野さんが演じるとどうなるのかなと、とても気になりますね。

また本人曰く、いつもとは違う役だったそうなので、その点も映画を見る上で、気になるポイントになりますね。

2017年に、田野優花さんは映画「リンキング・ラブ」に初出演で初主演を飾りました。

その映画を私自身も視聴しましたが、「初出演にしては演技上手いなー」と思いました。

 

彼女の経歴を調べてみると、2014年に宮本亜門演出のミュージカル「ウィズ〜オズの魔法使い」に108名の希望者の中から主人公ドロシー役に選ばれています。

それはダンススキルもさることながら、演技力も高かったからだと僕は思います。

なので、今回の映画「13月の女の子」でも高い演技力で、皆を魅了させることでしょう。

正直、私は「彼女はこれから女優業で大成する」と断言します!!

田野優花のファンの反応は?

田野優花さんが映画「13月の女の子」の出演が決まったときの、ファンの反応を見てみましょう。

アイドルを辞めた今でも、ファンから愛されているのがよくわかりますよね。

まとめ

どうでしたでしょうか? 今回は映画「13月の女の子」青砥景役の田野優花にフォーカスしてみました。

ザッとまとめてみます。

  • 映画「13月の女の子」青砥景役に元AKB48の田野優花さんに決定!
  • 田野優花さんは演技・ダンス・歌唱力の3つのスキルが高い!
  • クールな印象の青砥景を田野さんがどう演じるのかが楽しみ!

元アイドルである彼女の演技力・表現力の高さが映画にどう影響してくるのか、それがとても楽しみな所です。

この映画の監督は2017年の舞台でも演出を務めた戸田彬弘がメガホンを取ります。

ソーシャル・ディスタンスを取りながら鑑賞するしかないですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました