花束みたいな恋をしたネタバレあらすじ!ラストシーンは原作と違う?

花束みたいな恋をした
この記事は約5分で読めます。

東京ラブストーリーなどを手掛けた坂元裕二さんが脚本を務めた「花束みたいな恋をした」が1月29日に公開されます。

菅田将暉さんと有村架純さんの二人が演じるカップルがとても幸せそうでキュンっと来ちゃいます。

そんな幸せそうな二人がどのようになっていくのか、内容が非常に気になります。

そこで今回は「花束みたいな恋をしたネタバレあらすじ!ラストシーンは原作と違う?」と題してまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


花束みたいな恋をしたのネタバレあらすじは?

花束みたいな恋をしたはどのような内容なのでしょうか。

公式サイトには以下のように書かれていました。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音やまね麦むぎ (菅田将暉)と 八谷はちや絹きぬ (有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…

「花束みたいな恋をした」公式サイト

また、予告も公開されていました。

予告編の最後に、別れたくないと涙する菅田将暉さん。

なぜ、あそこまで仲良さそうな二人が別れの話をしているのでしょうか?

内容がさらに気になりますね!

そして、出演者情報も上がっておりました。

押井守さんが本人役で出演?!

映画監督の押井守さんがどのように内容に絡んでくるのでしょうか。

ますます内容が気になってきます!

この作品を一言で表すなら?

この作品、一言で言い表すなら「リアルなラブストーリー」ですね。

特別なことは起きずともリアルな二人のやり取りを楽しんでいく、そんな作品です。

そんなリアルなラブストーリーのラストはどうなるのか?

次に調査していきます

ラストシーンは原作と違う?

花束みたいな恋をしたの原作は何なのでしょうか。調べていきます。

原作なしのオリジナル脚本!

花束みたいな恋をしたの原作ですが、この作品は映画オリジナル脚本とのことで原作はありませんでした。

坂本裕二さんの初オリジナル映画脚本ということで、どのようなラストになるでしょうか。

試写会に行かれた方の反応を見ていきます!

ラストはアンハッピーエンド?!

試写会の感想を見ると、なんとラストはアンハッピーエンドになりそうです!

「残酷」や「センチ」といった表現が取られており、二人が別れる可能性が非常に高そう!

あんなに仲良かったのに、なんで?!

無いよう気になるけど、見るのがちょっと怖いです。

まとめ

今回は「花束みたいな恋をしたネタバレあらすじ!ラストシーンは原作と違う?」というタイトルでまとめさせていただきました。

  • 内容は終電で偶然出会った二人のラブストーリー
  • 押井守さんが本人役で出演?!
  • 原作は無いオリジナル脚本!
  • ラストはアンハッピーエンドの可能性大!?
  • 仲良かった二人がどのようにすれ違っていくのか、非常に気になります!

最後は本当にアンハッピーになってしまうのか、それとも二人は幸せになってくれるのか。

劇場でいち早く確認するしかないですね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました