ミッドナイトスワンあらすじネタバレ!LGBTの感想や反応は?

ミッドナイトスワン
この記事は約5分で読めます。

劇場版『ミッドナイトスワン』が2020/9/25に全国公開されました。

主演を務めたのは「台風家族」に出演された草彅剛さん、また監督は「全裸監督」で再度脚光を浴びることとなった内田英治さんが担当され、オリジナリティあふれる雰囲気の作品に注目が集まっています。

今回は「ミッドナイトスワンあらすじネタバレ!LGBTの感想や反応は?」と題して映画の気になる情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク


ミッドナイトスワンあらすじネタバレ

どんな映画か、ジャンルとしては「ラブストーリー」に分類されると言ってよいでしょう。

舞台は新宿です。

LGBTの「T」にあたるトランスジェンダーである凪沙と、親からの愛を感じることがなくこれまで生きてきた少女・一果(いちか)とのお互いの姿を見ながら“切なさもあり美しさもある現代ならではの愛の姿”を描いた作品です。

作品を彩るキャラクターの役どころとあらすじ

凪沙役は草彅剛さんが務められました。

この映画の主人公です。

LGBTのトランスジェンダーであり、仕事はニューハーフクラブで働いています。

一見派手なメイクを付け、豪華な衣装でステージにのぼり、舞台上でバレエダンスを華やかに踊ってみせるのが凪沙の仕事です。

 

桜田一果は服部樹咲さんが務められました。

なんと、彼女、新人女優でありながらヒロインに抜擢された要注目の女性です!

 

一果は、当初広島県で母と一緒に母子二人で暮らしていました。

しかしその母親はお酒を飲むと性格が変わってしまい、まともな愛を受けることなく一果は育ってきました。

つらい日々が続いていましたが、そうこうしたある日東京にいる凪沙のところへ行くことになります。

そのことがきっかけとなり、一果は徐々にバレエダンスの素晴らしさに惹かれていくようになるのでした。

 

桜田早織役は水川あさみさんが務められました。

早織は一果の親です。

ひとり親として育てていましたが、酒癖が悪い性格により自分の子供に暴力を振るっていました。

あらすじ~ネタバレ

新宿でお店を開いているニューハーフバー、店名「スイートピー」の中に、とあるトランスジェンダーのダンサーが一人働いていました。

ダンサーの名前は凪沙です。

華やかなお化粧とドレスで舞台にあがりきれいなバレエダンスを披露します。

お店の看板ダンサーとして働いていて、お店を運営している洋子ママからも厚い信頼を得ていました。

 

新宿から離れ広島に、一果というある少女がつらいな日々を過ごしていました。

母子家庭で育ち、一果の母は毎日酒を飲み、その度に一果に暴力を振るっていました。

 

つらい日々が続いていましたが、一果は遠縁である凪沙へ預けられ二人は一緒に暮らすことになります。

叔父の元に行くと聞いていた一果は、凪沙の風貌を見て驚きます。

凪沙は養育費を目当てに、渋々一果を預かることに。

 

月日がしばらく経つと、偶然通りかかったバレエダンスのクラスに惹かれます。

その一瞬でバレエに興味を持ち、あまりよくないバイトでお金を稼いでまで通うようになります。

最初そんなことをする一果を冷ややかに眺めていた凪沙でした。

しかしダンスの才能があることに気が付き、一果がダンスをより楽しめるよう、人生を支えていこうと思うようになりました。

母親のような感覚を覚えた凪沙でしたが、二人の間には思いもよらなかったさらにつらい状況が襲い掛かるのでした。

 

ミッドナイトスワンLGBTの感想や反応は?

LGBT当事者が直面する大変さを、名演技と名高い草彅剛さんが演じていて、その影響であまりこういった問題に関心を持たなかった人々へのメッセージがとても高まったといえるでしょう。

LGBTの問題は本来ならもっと身近なものであるはずなのに、一部報道では「トランスジェンダーという”難しい役”にチャレンジ」というように、制作側や報道など、まだまだニュースの向こう側・画面の向こう側の問題というように身近なものとして感じられてないのでは、という一面も映画を見た人によっては感じられているようです。

それほど現実的な問題も浮き彫りにした、社会的意義のある映画といえるでしょう。

まとめ

ここまで「ミッドナイトスワンあらすじネタバレ!LGBTの感想や反応は?」と題して紹介してまいりました。

・LGBTの「T」にあたるトランスジェンダーである凪沙と、親からの愛を感じることがなくこれまで生きてきた少女一果(いちか)とのお互いの姿を見ながら“切なさもあり美しさもある現代ならではの愛の姿”を描いた作品
・現実的な問題も浮き彫りにした、社会的意義のある映画

ぜひ劇場でお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました