【2020最新版】本木克英監督オススメ作品ベスト3!興行収入最高作は?

監督
この記事は約5分で読めます。

2021年1月8日に映画「大コメ騒動」が公開されます。

監督はコメディから社会派ドラマまで幅広く手掛けている本木克英さんです。

本木監督の作品はジャンルは幅広いのに全て見やすくて面白いんですよね。

やはり本木監督の映画の作り方が上手なんだと思います。

そこで今回は「【2020最新版】本木克英監督オススメ作品ベスト3!興行収入最高作は?」と題して、本木克秀監督のオススメ映画を紹介させていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク


本木克秀監督オススメ作品ベスト3!

今回私がオススメしたい本木監督の作品はこちらです。

・超高速!参勤交代
・空飛ぶタイヤ
・居眠り磐音

ではどういった作品なのかそれぞれ見ていきたいと思います。

ドタバタ珍道中コメディ!「超高速!参勤交代」!

江戸時代、8代将軍・徳川吉宗治世下の享保20年(1735年)。陸奥国磐城の小藩・湯長谷藩の藩主・内藤政醇は、1年間の江戸での勤めを終えて湯長谷に帰国した。ところが、それから間もなく江戸屋敷に居るはずの江戸家老・瀬川が、江戸幕府老中・松平信祝の命令を携えて政醇の前に現れる。その命令とは、帰国を果たしたばかりの政醇に対し、湯長谷藩が所有する金山の調査結果に疑義があるため、事情説明のために「5日のうちに再び参勤せよ」というもの。無理難題をふっかけて湯長谷藩を取り潰し、金山を手に入れようとする信祝の謀略だったのだ。

引用元:Wikipediaより(一部抜粋)

個人的に一番オススメしたい映画です。

時代劇コメディとなっており、次から次に刺客が襲ってきたり問題が起きたりして、それを奇策で乗りきって行くのですがテンポが良くてすごく見やすいと思います。

また、佐々木蔵之介さんや西村雅彦さん、六角精児さんなど豪華なキャスト陣が随所でコメディを挟んできて面白いです。

そしてコメディだけではなく時代劇ということで、最後にはしっかり悪を成敗するところも良かったです。

池井戸作品を初の映画化!「空飛ぶタイヤ」!

父親の後を継ぎ中小運送会社「赤松運送」を経営する赤松徳郎は、ある日、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし、死傷者を出してしまったことを知る。事故原因を一方的に整備不良とされ、「容疑者」と決め付けられた赤松は、警察からの執拗な追及を受ける。さらには会社も信用を失い、倒産寸前の状態に追い込まれてしまう。

しかし赤松は、事故原因は整備不良ではなく、事故を起こした車両自体に欠陥があったのではないかと考える。自社の無実を信じる赤松は家族や社員たちのために、トラックの製造販売元である大手自動車会社「ホープ自動車」に潜む闇に戦いを挑む。

引用元:Wikipediaより

原作者は「半沢直樹」や「下町ロケット」で知られる池井戸潤さん!

池井戸潤さんの作品を映画化したのは「空飛ぶタイヤ」が初です。

池井戸潤さんの作品はボリュームが大きいため2時間程度の映画では収められるはずがないと思っていたのですが、見てみたらびっくり!

話は少し急ぎ足ぎみではありましたが原作の主要箇所から最後の大どんでん返しまできれいに収まっていました。

池井戸作品をこんなにきれいに映画に収められたのも本木監督の手腕あってのものだと思います。

最後に悪が裁かれるところは見ていて爽快ですね!

殺陣でも魅せる本格時代劇!「居眠り磐音」!

江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った坂崎磐音と幼馴染の小林琴平、河井慎之輔。三人は同じ 道場に通う修行仲間であり、琴平の妹・舞は慎之輔に嫁いでいたため二人は兄弟でもあった。また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒と祝言を控えており、三人はただの幼馴染以上の深い絆で結ばれた関係であった。ところが、これから磐音と奈緒との祝言という運びになったとき、大変なことが起こる。なんと慎之輔が 「妻・舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を斬ってしまったのだ。それに激高した琴平は慎之輔に噂を吹き 込んだ人物、さらには慎之助本人を斬るという凄惨な展開に。琴平は罰せられることとなり、なんと磐音が琴平を討ち取るよう命じられてしまった。決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は、実の兄を殺した以上奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩することを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――

引用元:Filmarksより(一部抜粋)

本作の主演には時代劇初出演の松坂桃李さんが起用されています。

「超高速!参勤交代」はコメディ時代劇でしたが本作は本格時代劇となっており、シリアスな話もあり、殺陣でも魅了されてしまいました。

時代劇ということもあり下手にワイヤーは使わず、殺陣のみ行われていて撮影の仕方やBGMで迫力をつけているところがこれぞ時代劇って感じでよかったです。

松坂桃李さんも初の殺陣でしたがすごく健闘していました。

特撮の「シンケンジャー」で剣を使ったアクションをしていたからでしょうか?

個人的にはもう少し殺陣の場面を多くしてもらいたかったです。

本木克秀監督の興行収入最高作品は?

幅広いジャンルの映画を作ってきた本木監督。

「超高速!参勤交代」ではアカデミー賞優秀監督賞も受賞しました。

では本木監督の興行収入最高作品は一体どの作品になるんでしょうか?

興行収入最高作品は「ゲゲゲの鬼太郎」!興行収入は23.4億円!

本木監督の興行収入最高作品は2007年公開の実写映画版「ゲゲゲの鬼太郎」です。

興行収入は23.4億円!

すごいですね。

私はアカデミー賞をとった「超高速!参勤交代」だと予想していました。

私もこの作品は子供の頃、映画館に観に行ったのでよく覚えてます。

ストーリーがしっかりしていて面白かった記憶があります。

今にして思うとキャスト陣がすごく豪華だったんですね!

ウエンツ瑛士さんが鬼太郎役で他にも井上真央さん、大泉洋さん、田中麗奈さん、室井滋さん。

当時は全然気にもしてませんでした。

見返してみたくなってきましたね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「【2020最新版】本木克英監督オススメ作品ベスト3!興行収入最高作は?」と題して、本木克秀監督のオススメ映画を紹介させていただきました。

まとめとしましては、

・本木監督のオススメ映画その1:ドタバタ珍道中のコメディ時代劇映画「超高速!参勤交代」!
・本木監督のオススメ映画その2:池井戸潤さん原作の社会派映画「空飛ぶタイヤ」!
・本木監督のオススメ映画その3:殺陣の迫力がすごい!本格時代劇映画「居眠り磐音」!
・本木監督の最高興行収入作品は実写版映画「ゲゲゲの鬼太郎」!興行収入は23.4億円!
私は本木監督は本当に映画の作り方が上手だと感じています。
時代劇映画が特に面白く、もっと時代劇映画を作って欲しいですね!
今後の本木監督の映画に注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました