映画ノイズ(日本)のあらすじネタバレ!原作との違いはラスト?

あらすじネタバレ感想など
この記事は約5分で読めます。

2022年1月28日公開の新感覚サスペンス映画のノイズ。

藤原竜也さんと松山ケンイチさんのW主演で今ネットを騒がせております。

筒井哲也先生のグランドジャンプで連載していた『ノイズ【noise】』が原作となっております。

そこで今回は「映画ノイズ(日本)のあらすじネタバレ!原作との違いはラスト?」と題して、原作を知っている人も知らない人も映画を楽しめるように紹介します。

スポンサーリンク


映画ノイズ(日本)のあらすじ

予告編にもあるように平和な日常から一変するところがとても面白そうですよね!

バレたら自分だけでなく島も終わりというスリルを楽しめます!

また、映画デスノートで共演していた藤原竜也さんと松山ケンイチさんが本作でW主演となりますので2人の演技にも注目です!

 

映画のあらすじ

映画のあらすじを紹介します。

絶海の孤島に突然現れた不気味な男。誰も名を知らないその男に家族を狙われた泉圭太は、親友の田辺純、新米警察官の守屋真一郎と共に、誤ってその男を殺してしまう。
それは、圭太が生産した”黒イチジク”が人気となり、国からの交付金5億円が内定、過疎に苦しむ島に明るい未来が見えた矢先のことだった。

引用元:ノイズ 公式HP

ヒーローから殺人犯になってしまう新感覚のサスペンス映画です!

裏切り者もいるようなので誰か予想しながら映画を見るのも楽しそうですね。

孤島という逃げられない環境で事件がどのように展開していくのかラストまで目が離せません!

キャスト

イチジク農家の青年の泉圭太(藤原竜也さん)

圭太の親友で猟師の田辺純(松山ケンイチさん)

新米警官の守屋真一郎(神木隆之介さん)

 

映画ノイズ(日本)のネタバレ

映画公開前ですので原作をもとにこのあとの展開を紹介します!

原作のネタバレ

原作ではこのあと刑事の畠山が3人を追い詰めようとしますが、圭太をかばうために真一郎が自殺未遂を起こします。
昏睡状態に陥った真一郎のボイスレコーダーから「私が殺しました」と罪の告白により事件は収束するかと思われました。しかし自治体トップの庄司義昭が3人の犯行であることを知り、イチジク農園を自分のものとしようと画策。
それを知った純により庄司義昭は殺害されてしまいます。その後、庄司義昭と鈴木睦雄の遺体を燃やし圭太が死んだと偽装に成功します。3年後、田辺純は圭太の妻と結婚。

平穏な日々を過ごしておりましたが、あることをきっかけに圭太の娘に父親が生きていることを知られてしまいます。

圭太の娘が父親に会うために山へ入りますが崖から転落して大怪我を負ってしまいます。
その後、純が圭太の娘を救うため畠山に全てを告白します。

ラストシーンでは山から圭太が娘を抱えて登場し一連の事件は幕を閉じます。

原作の真一郎が圭太をかばうために自分を犯人と告白するシーンにはとても衝撃を受けます!

一度は隠蔽工作に成功しますが、最後に自らの娘を助けるために逮捕される場面で複雑な感情になりますね!

映画ノイズ(日本)の原作との違いは?ラストは?

最後に原作との違いをまとめましたので紹介します。

まず事件の中心人物となる小御坂睦雄の名前が原作では鈴木睦雄です。

他にも違っている登場人物がおりますので原作と見比べてみましょう!

舞台も原作では村という設定ですが本作では孤島へ変わっております。

孤島になったことで事件の展開が原作と違ってくるかもしれません!

また、予告編で遺体が3つある場面では原作より1つ遺体が多くなっていることからラストシーンも変わってくると予想しております!

まとめ

いかがでしょうか?

今回は「映画ノイズ(日本)のあらすじネタバレ!原作との違いはラスト?」と題して、原作を知っている人も知らない人も映画を楽しめるように紹介しました。

  • 映画デスノートで共演していた藤原竜也さんと松山ケンイチさんのW主演作!
  • 孤島という逃げられない舞台での新感覚のサスペンス
  • 遺体の数が原作より1つ多い!
  • 原作との違いを楽しみつつ、ラストシーンにも注目!

違いを見つけることでより本作を楽しめますので、是非原作を読んだ上で映画を見てください!

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました