【まさかの名作が!】ピクサー作品興行収入ワーストランキングTOP10

アニメ映画
この記事は約18分で読めます。

人気映画を多数輩出しているピクサー

きっと聞いたことがあるピクサー作品も多いと思います。

ですが、知られざる名作もあるんです!

 

ピクサーは3DやCG作品を多く出しているのが特徴となっています。

なので、迫力のある作品が多いことが有名です。

 

【まさかの名作が!】ピクサー作品興行収入ワーストランキングTOP10」と題して、ピクサーアニメ映画のワーストランキングTOP10を見ていきます!

スポンサーリンク


【まさかの名作が!】ピクサー作品興行収入ワーストランキングTOP10

ピクサーでは脚本を12人で分業していてシーン毎に担当者をディレクターのような人が割り当てて行なっています。

そして、脚本は平均で1本あたり2年から3年もの時間がかかっています。

日本人も多く関わっていて堤大介監督が美術監督に就任、2007年から「トイ・ストーリー3」などを手掛けています。

カーズ2」にも声の出演をしています。

 

日本人の活躍すごいですよね!

 

それではさっそく、ワーストランキングTOP10を紹介します。

 

10位 メリダとおそろしの森

出典元:映画.com

公開年:2012年

公開時間:94分

原題:Breave

 

これまでの作品とは違って大人向けの暗めな作品となっています。

 

千年前のスコットランドが舞台となっていて、物語の主人公はダンブロッホ王国の王女として生まれたメリダは幼い頃から活発で成長し、現在は少女となった自由を愛する弓の名手である。

メリダの母エリノア王妃は、王位継承者であるメリダを立派な王女に育てるために堅苦しい生活を好まないメリダに対して日頃から厳しく接していた。

そんなある日、王国の伝統として平和を維持するためには国の有力な3人の領主との同盟関係が重要とされてきたことでエリノア王妃は3人の領主とその息子たちを城に招き、最も優れた武勇を示した息子をメリダの夫にしようとする。

しかし、強引に決められた結婚を嫌がったメリダは競技会に乱入をして自分自身が優勝してしまったことで母のエリノア王妃は激怒しメリダと口論になり、メリダは王女としての在り方を押し付けるばかりの母に耐えかねて母のエリノア王妃が作った大切なタペストリーを剣で裂いてしまう一方で、エリノア王妃はメリダの弓を奪い取り暖炉に放り込んでしまう。

母のしわざにメリダは悲しんで愛馬・アンガスに乗って城を飛び出し森を駆けていくとメリダが不思議な「鬼火」に導かれそのまま森を進んでいくと、森の奥で店を構える森の魔女と出会う。

メリダは母の考えを変える魔法を注文するが、魔女の用意した魔法のケーキを一口食べたエリノア王妃は大きな熊の姿になってしまったことで母の姿を戻すためにメリダの奮闘が始まる。

 

第85回アカデミー賞では長編アニメ映画賞を受賞したんです。

日本版吹き替えではメリダは女優の大島優子さんが担当しています。

音声にドルビーアトモスを採用したのが初めての作品でもあるんです!

ピクサー初の女性が主人公で何よりメリダがかっこいいんです。

9位 ウォーリー

出典元:映画.com

公開年;2008年

公開時間:97分

原題:WALL-E

 

全編CGの作品です!

 

西暦2805年を舞台に人間は汚染され尽くされた地球を捨て、全ての企業を統合した巨大企業BNLBuy N Large、バイン・ラージ)の主導によって世代宇宙船「アクシオム(AXIOM)」で生活していた。

ゴミの山と化した地球にこの物語の主人公であるWALL・E(ウォーリー)は量産型のゴミ処理ロボットで人類が地球を去ってから700年間もの間、仲間たちが壊れて動かなくなってただ黙々とゴミを圧縮し、積み上げて塔を建て続けてきたが感情を持つというシステムエラーを起こしてしまった。

そんな中で上空から巨大な宇宙船が着陸して船内から機器を出し置くと中から白く輝くロボット・EVE(イヴ)が現れて周囲を探査し始める。

 

WALL・E(ウォーリー)EVE(イヴ)の恋の物語です。

 

少女漫画みたいにきゅんきゅんしてしまう作品です。

8位 リメンバー・ミー

出典元:映画.com

公開年:2017年(日本は2018年)

公開時間:105分

原題:Coco

 

音楽が繋いだ家族が起こした奇跡の物語。

 

遠い昔のメキシコサンタ・セシリア出身のリヴェラ家の夫が音楽家になる夢を追いかけて家族を捨て、残されたその妻であるママ・イメルダは音楽を嫌うようになって「音楽禁止の掟」を家訓にして製靴業は掟と共に代々引き継がれてリヴェラ一族は靴屋として繁栄、当のココは存命ながらも認知が衰えていっているも遙か昔に逝去した父のことばかり言っていた。

ひ孫で12歳のミゲル・リヴェラは靴屋を継ぐことを期待されていて音楽を聴くことを禁止されていたが、ミゲルは家族に隠れて屋根裏に憧れであるデラクルスのグッズを並べて自作のギターで彼の曲を弾いていた。

家族を捨てたという父の顔の部分は破られていたことからミゲルはその高祖父が持つギターがデラクルスのものと同じであることに気付いて高祖父はデラクルスだと推測、写真を持ち出して街の音楽コンテストで自分の演奏を披露しようと決心したことを知った家族と口論になって祖母であるエレナにギターを破壊されてしまう。

諦められないミゲルは家を飛び出し、ギターを調達しようとデラクルスの霊廟に忍び込んでギターを手にして弾いた瞬間に死者が骸骨の姿で見えるようになり、生者からは自分が見えなくなってしまって触れることも出来なくなった。

イメルダミゲルに写真を祭壇に戻すよう告げて許してもらおうとして「二度と音楽をしない」という条件があったためにミゲルはかわりにデラクルスに許しをもらおうとその場から逃げ出した。

自分をデラクルスの友達だと言い張るヘクターと出会い、まだ生きている娘に会いたいと願っていたが誰も写真を飾っていなかったために生者の国に行けずにいたのだった。

そこで、ミゲルの話を聞いたヘクターは自分の写真をに渡してデラクルスへの対面を手伝う代わりに生者の国で自分の写真を飾るよう頼んだことからミゲルヘクターのファンタジーアドベンチャーな冒険が始まる。

 

日本版の主題歌はミゲル役で声優デビューした当時12歳の石橋陽彩さんが抜擢されました。

 

第45回アニー賞では作品賞など最多13部門にノミネートされ、その中の11部門を受賞。

第75回ゴールデングローブ賞ではアニメ賞を受賞し、第90回アカデミー賞では2部門の受賞を果たしました。

 

劇中に音楽も沢山あるのでアニメミュージカルみたいでワクワクする作品です。

また、結末が気になってドキドキする作品です。

7位 レミーのおいしいレストラン

出典元:映画.com

公開年:2007年

公開時間:112分

原題:Ratatouille

 

数々の賞を受賞しノミネートした作品です。

 

今は亡き天才シェフのグストーに憧れ、フランス料理のシェフになることを夢見たネズミのレミーはある嵐の日にレミーは家族と離ればなれになって一人で華の都であるパリにたどり着き、グストーの幽霊に導かれてレストラン”グストー”へと向かった。

レストラン”グストー”で、母の遺言に従って店にやって来たばかりの見習いシェフであるリングイニが大事なスープを台無しにしてしまい、レミーは思わずスープを作り直してしまったことでリングイニに見つかってしまう。

また、スープが客に提供されてこれが評判だったことからスキナー料理長はリングイニを正式に雇うとコレットに指導を命じる。

リングイニの髪をレミーが引っ張ることでリングイニの身体が操作できることがわかると、頭にレミーを乗せて料理をつくる特訓が始まる。

そして、リングイニ自身は目隠しをしたままでも料理を作れるようになると二人はパリ一番のシェフを目指すことに。

 

料理が苦手な見習いシェフ・リングイニと料理が得意なネズミであるレミーの友情と成長を描いた物語。

 

スタッフは作品作りのためにフランスへ飛び、レストランの料理を食べてさらに厨房を見学してフランス料理の講習も受けたというエピソードがあるんです。

また、原題の”Ratatouille”はラタテューユという意味で主人公のレミーがネズミであることをかけています。

 

この作品を見るとお腹が空いてしまうこと間違いなしです!

ほっこりする作品ですので是非みてみてください。

6位 トイストーリー

出典元:映画.com

公開年:1995年(日本は1996年)

公開時間:81分

原題:Toy Story

 

劇場版長編映画として初めての画期的なCG作品。

 

カウボーイ人形ウッディは古くなったしゃべる人形で背中のひもを引っぱると”カウボーイトーク”をいつも聞かせてくれるのだった。

そんなウッディアンディの大のお気に入りで毎日のようにいろいろなおもちゃと一緒にカウボーイごっこをするのだった。

しかし、アンディが楽しく遊ぶおもちゃたちには秘密があっておもちゃにも命があって話したり自由に行動したりできることで人間に知られてはいけないというのがおもちゃのルール。

ウッディアンディの一番のお気に入りのおもちゃでおもちゃたちのリーダーでもあって、今年もアンディの誕生日がきておもちゃたちはこれから共に過ごすことになった。

仲間は興味深々でウッディがおもちゃ仲間のグリーン・アーミーメンにプレゼントを偵察させてプレゼントの中から出てきたのは最新の宇宙ヒーローであるバズ・ライトイヤーだった。

バズアンディは夢中になってしまい、バズは自分が本物のスペースレンジャーだと信じていて飛行能力を証明するため高い場所から飛び降りたりするも派手な動きでよく落ちてしまうことが多くアンディのおもちゃたちまでが心を奪われる。

 

監督ジョン・ラセターで長編フルCGの作品を生み出した制作チームの業績に対してアカデミー特別業績賞を受賞し、アカデミー賞で脚本賞やオリジナル主題歌賞、作曲賞をノミネートした。

また、2008年に発表されたアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)で99位にランクイン、2011年にアメリカTotal Film誌で行われた史上最高のアニメ映画50で第1位に選ばれました。

 

ウッディバズの友情や冒険にワクワクさせられる作品です。

とても楽しい気分になる作品なんです!

5位 カーズ2

出典元:映画.com

公開年:2011年

公開時間:113分

原題:Cars2

 

シリーズの2作目!

 

前作から数年後、ピストン・カップで4度目の優勝をしたライトニング・マックィーンラジエーター・スプリングスで休息を過ごしていたが、その最中でワールド・グランプリへの参加を招待された。

それはバイオ燃料・アリノールの有用性を伝えるイベントとして、燃料を開発したアリノール社のCEOマイルズ・アクセルロッドにより企画されたもので初めは参加に躊躇していたマックィーンイタリア代表のフォーミュラカーフランチェスコ・ベルヌーイの挑発もありながら友人のメーターや恋人のサリーの促しもあって参加を決意、メーターもピットクルーとして同行することになった。

第1戦が行われる日本・東京に到着したマックィーン達は些細な事で周囲を騒がせているメーターにマックィーンは頭を悩ませ、そんな中で始まった第1戦のレース中にアリノールを使用したレーサーが次々と原因不明の故障を起こしていたのだった。

アリノールに以前から疑念を抱いていて調査していたイギリスのスパイ・フィン・マックミサイルと彼のサポート役のホリー・シフトウェルはその調査の途中で様々な事情が重なってしまったことでメーターをで調査にあたっていたアメリカのスパイだと勘違いしていて接触したメーターはレース中のマックィーンとの無線を繋いだままホリーの無線に返事をしていたことがマックィーンは自分への指示だと誤解する。

 

2012年に公開されるはずだったのが2011年に公開予定だった作品が制作中止となったことで前倒しされました。

この作品は日本・東京が舞台になっていて東京タワーやレインボーブリッジ、皇居、富士山など日本人なら誰もが知っている場所が登場します!

知っている場所が世界で公開される映画で見れるのは嬉しいですよね。

 

シリーズになっているので是非みてみてください。

4位 バグズライフ

出典元:映画.com

公開年:1998年(日本は1999年)

公開時間:99分

原題:A Bugs Life

 

アリの島を守るために仲間と冒険するお話。

 

ここは虫たちだけが住む世界・高原の池に浮かんでいるアリのアント・アイランド島があって働くアリたちは秋に備えて食料を集める日々にアリたちは苦労し、女王の長女であるアッタ姫も毎日のようにくたびれていた。

ある日、発明家のフリックがまたトラブルを起こしてしまったことで発明した刈り取り機は枝を刈り取ることで食料をためることができるものであったが、食料を取り終えると枝を遠くへ飛ばすという危険でほかのアリたちは彼の発明にあきれて歩く災難と呼んでおり、そんなフリックを慕ってくれているのはアッタ姫の後継ぎとなる次女・ドット姫だけだった。

まだ小さいドット姫は飛ぶことができずにいたことで悩みを持つ二人は仲良くなるが、その時にバッタ達が来る合図の警笛が聞こえてくる。

アリたちが食料を集めていたのはバッタたちのためだったのだが、アリたちは慌てて巣の中の集会へ急ぐも集会に遅れたフリックの発明のミスで食料を一つも残らずに川の中へ落としてしまった。

慌てたフリックはこのことを姫に伝えようとしたが、巣の上からバッタ一味の食料がないとの声が聞こえてしまい、フリックのミスが他のアリたちにバレてしまったことで巣の天井を突き破ってバッタ一味が乗り込んでくる。

 

イソップ童話の「アリとキリギリス」をヒントにした作品。

 

トイストーリーより何倍もの処理能力がある最新のコンピューターが使用され、キャラクターの動きなどがリアルに再現されました。

 

虫が苦手な方でも可愛く見える作品で仲間っていいなと思わせてくれるような作品です。

ぜひ、一度みてみてください!

3位 カーズ/クロスロード

出典元:映画.com

公開年:2017年

公開時間:102分

原題:Cars3

 

2006年公開のカーズと2011年公開のカーズ2に続くシリーズ3作品目です!

 

カーレース・ピストン・カップで7回の優勝歴を誇り大人気ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンであったが、2016年度シーズンのレースで最新テクノロジーを使った新世代のルーキージャクソン・ストームマックィーンを追い抜いて逆転優勝した。

このことから生意気な態度を忌々しく思ったマックィーンストームをライバル視するようになるもシーズン中のストームの連戦連勝によるマックィーンの連戦連敗をしてストームに続く新世代レーサーが登場し、マックィーンの友人であるキャル・ウェザーズボビー・スウィフトブリック・ヤードレィなどの旧世代レーサーの引退や解雇などもあってマックィーンは世代交代に焦り始める。

シーズン最終戦で残り40周目を切ったところでマックィーンは2位になってストームを追いかけてピットイングイドのタイヤ交換の時間を省きトップになるもピットアウトしたストームに追い越されてしまい、焦ったマックィーンはいきなり速度をあげたことによって右後輪のタイヤがバーストし、壁に衝突して衝撃的なクラッシュを起こしてしまう。

事故から4か月後には修理を終えたマックィーンは馴染みの町であるラジエーター・スプリングスで今後のことについて考え、自身の師匠であるドック・ハドソンがレーサーを引退する一因となったクラッシュ事故の映像を見たことでガールフレンドであるサリーに素直な気持ち話してレーサーとして違う形でレースに関わることを決意。

 

人生の岐路(クロスロード)に直面し、挫折を味わっったことで引退をするべきかまだ続けるのがいいのか悩み人生の選択をするマックィーンの姿が描かれています。

また、この作品はピクサーの長編映画2作目になります。

 

人生の岐路に立たされて人生の決断をするマックィーンに心を打たれますよね。

自分自身の人生について考えさせられる作品です。

2位 アーロと少年

出典元:映画.com

公開年:2015年(日本は2016年)

公開時間:94分

原題:The Good Dinosaur

 

友情を描いた心が温まる作品になっています。

 

6600万年前に地球に近づいていた隕石は衝突せずにその真上を通り過ぎ恐竜たちは絶滅を免れて数百万年後に進化を続け言葉や文化を持つようになった。

ギザギザ山の麓にトウモロコシを作って暮らすアパトサウルスの夫妻であるヘンリーとイダの間に3匹の子どもが出来て末っ子のアーロは兄・バックや姉のリビーより小柄で臆病な性格であることをを姉や兄からからかわれることも多かったが、アーロも両親の愛情を精一杯受けてすくすくと育っていった。

家族は冬を越せるようトウモロコシのサイロを築き夫婦の足形を付けてヘンリーはやるべきことを成し遂げることが出来たら子ども達の足形もつけると言って家族の印がそろう日を待ち望んで兄と姉は畑仕事に尽力して足形を付けさせてもらえる事になるもアーロは何をやっても上手くいくことがなく、ヘンリーアーロサイロの見張りを任せて仕掛けた罠に何かがかかったら叩き潰すよう言ったが、しばらくして食べ物を盗りに来た人間の少年が罠にかかってアーロは獲り逃してしまう。

ヘンリーは無理に連れ出したことをアーロに謝って家へ戻ることになったが、ヘンリーはアーロを高台に放り投げた後に鉄砲水に呑まれて命を落としてしまう。

 

この作品は恐竜は話すが人間は話さないという設定になっています。

また、弱々しくもありながら愛くるしい恐竜のアーロが人間の少年・スポットと出会って成長していく過程が素敵だと思える作品です。

 

ぜひ、みてみてください!

1位 2分の1の魔法

出典元:映画.com

公開年:2020年

公開時間:102分

原題:Onward

 

もう一度会いたいという思いが残酷ながらも奇跡を起こす。

 

エルフやユニコーン、人魚、小人などの妖精たちが暮らす不思議な魔法の世界だったが、科学や技術が発達したことで世界から魔法は消えかけてしまったという世界がある。

そんな世界の郊外に暮らすエルフの少年であるイアン・ライトフットと兄・バーリー・ライトフット。

2人の父親であるウィルデン・ライトフットイアンが生まれる前に病気で亡くなってウィルデンは妻のローレル・ライトフットに魔法の杖と手紙を託し、ローレルイアンの16歳の誕生日にプレゼントとしてそれらを渡されて中を見てみると手紙には死者を24時間だけ蘇らせる魔法が記されていた。

イアンは杖を手にして呪文を唱えたが失敗してしまいウィルデンの下半身のみ蘇らせてしまったことでイアンバーリーはタイムリミットの24時間以内にウィルデンを完全に復活させようと魔法に必要な宝石・不死鳥の石を手に入れようと冒険に出る。

 

兄弟や家族っていいなと思わせてくれる、そんな作品です。

 

日本語吹き替え版にはイアン役に志尊淳さんとバーリー役に城田優さんが起用されています。

志尊淳さんは日本版吹き替えは初となっています。

 

2017年のピクサーのイベントで「モンスター・ユニバーシティ」を制作したダン・スキャンロン監督がオリジナル長編映画作品を製作中だと公表しました。

この作品はダン監督が1歳の頃に父親を亡くした経験が元になっています。

そのことについてダン監督は「この物語は僕が1歳の時に亡くなった父親と僕たち兄弟の関係からインスピレーションを受けて描かれているんだ。大切な人を失くした経験は誰にでもあるはずだし、その人と1日だけ一緒に過ごすことができたらそれは素晴らしい出来事になると思う。イアンは内気でシャイで自分に自信がない少年だけど、彼はお父さんに会うために勇気を出して自分を信じることが必要になるんだ。イアンと兄のバーリーとの旅を通じて成長していく姿は誰もが共感できると思うよ」と語っています。

ダン監督の想いが込められた作品だと伝わってきますよね。

 

この作品は見たことがないので見てみたいと思いました。

まとめ

どうだったでしょうか?

【まさかの名作が!】ピクサー作品興行収入ワーストランキングTOP10」と題して、ピクサー作品のワーストランキングTOP10を見てみました!

 

1位は2分の1の魔法です!

 

科学技術の進歩にともない魔法が忘れ去られてしまった世界。

家族思いで優しいがなにをやってもうまくいかない少年・イアンには隠れた魔法の才能があったのです。

そんなイアンは自分が生まれる前に亡くなってしまった父親に一目会うことが願いで16歳の誕生日に、亡くなった父親が母親に託した魔法の杖と「父を24時間だけよみがえらせる魔法」を書かれた手紙を手にしたイアンは早速その魔法を試すが失敗し、父を半分だけの姿で復活させてしまったことでイアンは好奇心旺盛な兄のバーリーと一緒に父親を完全によみがえらせる魔法を探す旅に出ます。

 

監督の体験を元にした作品です。

 

2位はアーロと少年でした!

 

巨大な隕石の墜落によって恐竜の絶滅が起こらずに恐竜が言葉を話している世界が舞台となっていて小柄で臆病な性格の恐竜アーロが孤独な人間の少年であるスポットとの冒険を通して成長していく姿を描いています。

兄や姉に比べて小柄で甘えん坊な父親がいないと何もできなかったアーロは川に落ちて激流に飲み込まれて家族から遠く離れた土地へと流されてしまったことからひとりぼっちの寂しさと不安になるアーロは孤独な少年でスポットと出会ったことで一緒にアーロの故郷を目指すことになります。

 

アーロの成長と少年・スポットとの友情が素敵なんです。

 

3位はカーズ/クロスロード

 

次世代レーシングカーの登場やレース中の大クラッシュがきっかけになったことで人生の岐路に直面して大きな決断を迫られる姿を描いています。

事故から4か月後の修理を終えたマックィーンは馴染みの町であるラジエーター・スプリングスで今後のことについて考え、自身の師匠であるドック・ハドソンがレーサーを引退する一因となったクラッシュ事故の映像を見たことでガールフレンドであるサリーに素直な気持ち話してレーサーとして違う形でレースに関わることを決意します。

 

自分自身の人生について考えるきっかけをくれる作品なんです。

 

4位のバグズライフや5位はカーズ2、6位はトイ・ストーリ、7位はレミーのおいしいレストラン、8位はウォーリー、9位はカールじいさんの空飛ぶ家です!

10位はメリダとおそろしの森となりました!

 

知っている作品や知らなかった作品、名前は聞いたことがあるけど見たことがない作品などあったんじゃないでしょうか?

私も知っているけど見ていない作品があったので見てみようと思います!

 

どれもすごく良い作品ばかりなので是非見てみてください!

タイトルとURLをコピーしました